トイレリフォーム

トイレリフォームの費用・相場

トイレリフォーム

トイレリフォームの費用の相場としては、大きく分けると、価格帯が20万円以下、21万円から60万円、61万円以上の三つに分かれています。便座だけを交換するのであれば20万円以内でおさまることがほとんどでしょう。しかし洋式トイレを交換する工事や手洗い器を設置する工事などを行った場合には、60万円以下となることが多く、和式のトイレを使用していたけれども洋式のトイレに交換する場合には、さらに高額な費用がかかることになります。

 

日常的に家族が何度も使用するトイレは、なるべく清潔で使いやすい空間にしたいところです。トイレのリフォームで一番多くみられるものが便器の交換です。既存の洋式便器を使い、ウォシュレットやシャワートイレなどを取り付けるだけであれば、商品代金と設置費用だけなのでそれほど高くはならないでしょう。もしも便器自体を新しいものに交換する場合にリフォーム費用の多くは便器の代金となるでしょう。便器と便座だけのシンプルなタイプのものであれば5から10万円ぐらい、脱臭機能や暖房、ウォシュレット機能がついたスタンダードなタイプで10から20万円、タンクレストイレや自動でふたの開閉が行われるタイプ、全自動洗浄などの高機能なものを選んだ場合には、20から30万円ほどかかるでしょう。和式のトイレを洋式に交換する場合には、基礎の部分から工事しなければならないので大掛かりな工事となり、その分費用もかかることになります。

 

5から10万円でできるトイレでリフォーム例としては、暖房温水洗浄便座の取り付けです。便座が3から8万円ほど、設置だけであれば工事費用は1から2万円ほどとなるでしょう。しかし電気を使うことになるため、トイレの中にコンセントがなければ、コンセントを新設するために、さらに2から4万円ほどの工事費用がかかるでしょう。
洋式便器の取り換えや、床や壁紙の交換、や来季を設置するなどの、一般的なトイレリフォームを行う場合の価格帯が20から60万円ほどです。内装にこだわりを持てばさらに費用は上がるでしょう。

リフォーム業者の選び方

トイレリフォーム

納得のいくリフォームを行うためには、リフォームを依頼する業者の選び方が非常に重要になります。選ぶ場合には、まずは候補となるところを3社ほど挙げて、それから様々な角度を比較したうえで、選ぶようにしましょう。候補の業者を探す方法としては、住宅メーカーや新聞、雑誌などが主催する相談会を利用したり、インターネットを使って探す方法、雑誌の広告やポストのチラシ、近所の口コミ、新築した際の工務店や住宅メーカーなど様々な方法があります。まずはリフォーム業者の情報を集めて、そこから候補を挙げて、じっくりと選ぶことが大切です。

 

選び方のポイントとしては、業者が得意分野が自分の目的とあっているかということが大切になります。一言でリフォーム業者と言っても、マンションが得意なところもあれば、戸建てを得意とするところもあります。また大規模工事が得意なところもあれば、小さな工事でも壁紙や床などの専門業者に特化したところなど様々です。業者によって保障制度もかなり異なるといえるので、自分のリフォームの目的に合ったところを選ぶようにしましょう。各社のホームページなどでも確認ストはできます。

 

3社ほどに絞り込むことができたら、それぞれ見積もりを取って検討してみましょう。それぞれの会社にリフォームの要望を伝えて、それに合う工事内容と、その工事にかかる費用を提示してもらいます。その時に費用だけで選んでしまうと、納得のいく工事を得られないかもしれません。金額だけで選ぶのではなく、工事の内容やアフタメンテナンスについてなどいろいろな角度から比較して検討するようにしましょう。リフォームでは要望通りのプランで見積もってしまうと、多くの場合は予算オーバーとなってしまいます。そこから、自分が満足のできる内容でコストダウンを図るためにも、業者からの提案は欠かすことができないでしょう。そのため住み手の立場に立った提案を行ってくれるところを選んだほうがよいでしょう。

リフォームよくあるトラブル

トイレリフォーム

古い家を快適にするためには、リフォームを実施するのが一番です。住人の希望通り機能性を高め、よみ住み心地によい場所になります。しかしときには、なにかとトラブルがつきものであることも事実です。施工業者が不誠実な相手であれば、多額の費用をかけても台無しになってしまいます。過去の事例に学びつつ、適切な対策をとっていきましょう。

 

リフォームトラブルでもっとも多いケースは、見積もりとの甚だしい相違です。当初の提示額と実際の請求額がかけ離れていることは、決して珍しくありません。それでは用意していた予算を大幅超過し、余計な出費を余儀なくされます。これを防ぐためには、なによりも見積もりを明文化して記載している書類を作成することが大切です。動かぬ証拠があれば、相手もいい加減な応対はできなくなります。同時に、工事計画書を用意してもらい、請求額に抜けがないかをよく確かめておきましょう。細部にまで目を通し、不明瞭な点を残さないことが、リフォームトラブル回避への近道です。もし、それに応じない相手ならば、即座に取引を中止しなければなりません。また、契約にあたっては、竣工開始日がきちんと書かれているかを再確認するべきです。そこが空白のままなら、工事がいつまでも始まらない可能性があります。

 

施工業者に選択肢がなければ、不利益な工事でも受け入れるしかありません。見方を変えれば、複数の競争相手がいるからこそ、正当な取引が成り立つことになります。リフォームトラブルに遭わないためには、見積もりを一社に限定せず、いくつか取得していくことが重要です。その中で信頼できるパートナーを見つけ出せれば、質の高いリフォームが期待できます。過去の口コミを調べれば、トラブルの有無が分かりますので、たいへん有用です。少しでも納得できない部分があれば、忌憚なく話し合える相手こそ頼りになります。大切を家を任せるに足る専門家を探し、リフォームにおけるトラブルをなくしていきましょう。

リフォームする際の補助金

トイレリフォーム

リフォーム工事には様々な補助制度があるので、自分が行うリフォーム工事に補助金があるかどうかを事前に確認し、上手に活用していくと良いでしょう。まずバリアリフォームの工事に関しては、様々な支援がなされています。介護保険制度では、要支援もしくは要介護1から5と認定された人が住む住宅において、手すりを設置するなどの住宅リフォームが必要な人に対して、その費用のうちの20万円までは、その9割分を補助するとされています。補助の対象となる工事内容が決まっていて、そのほかにも様々な手続きが必要です。そのため事前にケアマネジャーなどに相談しながら、計画を進めていくと良いでしょう。また自治体によっては、高齢者住宅改修費支援制度や、障害者住宅改造費助成制度などが用意されているところも多く見られます。これらは介護保険の支援と合わせて使うこともってきます。補助金の額や条件などは、自治体によって異なるため、担当窓口に問い合わせてみると良いでしょう。

 

そして太陽光発電などの省エネリフォームも補助金の対象となります。対象となるのは省エネ性の高い給湯機器の設置や LED照明の設置などの工事で、自治体によって内容や条件が異なります。5万円から20万円程度を上限に補助金が支給されることが多く見られます。また耐震診断や耐震補強工事などについても、多くの自治体で補助制度があるので、担当窓口で相談したり、インターネットで情報を収集してみると良いでしょう。

 

そしてバリアフリーや省エネ、耐震などの特定のリフォーム工事だけではなく、一般的なリフォーム工事についても補助制度を設けているところが見られます。この場合地元の業者に依頼することが条件になっていることがほとんどで、地元経済の活性化を促すことを目的としています。5万円から10万円程度の補助金という内容が一般的で、金額はそれほど大きくはありませんが、ほかの補助制度とも一緒に使えることが多いので、上手に活用するようにしましょう。

リフォームの工事の流れ

トイレリフォーム

リフォーム工事を行うにあたって、大きな流れはどうなっているかというと、まず最初は業者を決める作業から始まります。この作業はリフォームの出来を決めるとても重要なものなので雑誌やインターネットなどを駆使して出来るだけ慎重に信頼できる業者を複数ピックアップしていきます。リフォーム業者といってもたくさんあるのその中からきちんと見分ける事が大切です。

 

 

いくつか自分に合った業者をピックアップ出来たら業者に連絡をし、希望の工事内容を伝え、業者からリフォームの提案などを受けながらプランを決めていきます。具体的に言うと、値段に合わせ建材のグレードを上げたり下げたりしながらどのメーカーの建材を使うのかや、色はどうするか等細かい所も詰めていきます。リフォームプランが決まったら工事費用の見積もりを出してもらうのですが、この時のポイントは出来るだけ複数の業者に見積もり依頼を出し、費用や担当者の対応などを見てどの業者にするかを判断する事が大切です。

 

業者が決まり設計から工事の工程、金額など全てに納得したら契約をし、工事となっていくのですが、その前に特に大規模なリフォームを行う場合は近所の家に騒音や振動などの迷惑がかかる可能性があるので業者の人と一緒に事前に挨拶へ行く必要があります。その際、工事時間や期間も合わせて説明しておくと良いです。工事前の挨拶が終わったらいよいよリフォーム工事が始まります。工事を行うのは業者と契約を結んでいる下請け会社の職人である場合もあるので、彼らとも挨拶を交わしてコミュニケーションを取っておく事も大事です。そして工事が終わったら現場の人と検査、チェックなどを行い、気になるところは手直しをしたり補正工事を行ってもらいます。特に問題が無ければ工事はこれで終了となります。最後に業者から何かあった時のアフターサービスつまり保証期間や保証内容の説明を受けて完了確認書を交わし引渡しになります。